世界中で活用されているMAツール「HubSpot」の魅力とは?

HubSpotの概要

HubSpotは、米国HubSpot社が提供し、世界120カ国以上で15万社以上が導入するマーケティングオートメーションツール(MA)で、日本国内でも多くの企業で導入・活用されています。

本記事では、クライアントの導入・運用を支援するソリューションパートナー/自社で運用するユーザーの2つの立場でHubSpotに関わっている筆者から見たHubSpotの魅力5選をお伝えします。

  • All in Oneのマーケティングプラットフォーム
  • 高い機能拡張性と豊富なテンプレート
  • マーケターフレンドリーなUI/UX
  • 充実したサポート体制
  • スモールスタートが可能な価格体系

All in Oneのマーケティングプラットフォーム

HubSpotはMA機能のみならず、BtoC・BtoBのどちらの業態に対しても必要なその他のマーケティング機能をワンプラットフォームで提供しています。そのため、企業は他のツールを組み合わせることなく、HubSpot上で多くのマーケティング活動を推進することができます。

  • Webサイト制作(CMS)
  • インバウンドマーケティング(MA)
  • 営業管理(SFA)
  • 問い合わせ管理(カスタマーサービス)
  • 業務改善(ビジネスプロセスオートメーション)

ワンプラットフォームで提供することのメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

  • シームレスな情報連携による情報一元化
  • 統一されたUI/UXによる高い操作性
  • 他システムとのインテグレーションが不要でありメンテナンスフリー

なお、HubSpotは他社製品の買収による機能拡張をしておらず、一貫して自社で製品を開発しているため、特にワンプラットフォームとしての完成度が高いツールです。

高い機能拡張性と豊富なテンプレート

マーケティングツールには、企業のビジネスの特徴や組織形態、既存システムなどに合わせて柔軟に設計することが求められます。また、運用フェーズにおいてもニーズに応じて柔軟に機能を拡張していくことが必要となります。

そういったニーズに対応できるよう、HubSpotでは独自のエコシステムである「アプリマーケットプレイス」と「アセットマーケットプレイス」を備えています。ここではHubSpot製のアプリやアセットだけではなく、サードパーティ製のアプリやアセットも探すことができます。

アプリマーケットプレイスでは、スマートフォンにアプリを追加するかのように、必要な機能を選んでアプリをインストールするだけで、機能を追加したり他のシステムとの連携を行えるようになっています。

アセットマーケットプレイスには、Webサイトのテーマ、メールのテンプレート、モジュールなどが用意されており、高品質なクリエイティブを手間なく制作できるようになっています。

マーケターフレンドリーなUI/UX

運用のPDCAを高速で回していくことが、マーケティングで成果を出すための大きなポイントです。

そのためには、日々の運用を行うマーケターが使いやすいUI/UXであると共に、施策のリードタイムを短縮するために、できる限り他の部署や外注に頼らずノーコードで高度な施策まで実装できるマーケティングツールを活用することが有効です。

HubSpotは、基本的にはノーコードでの運用を想定した設計となっており、大部分の施策やクリエイティブはノーコードで実装可能です。

また、施策のPDCAを回すための各種レポートについても、デフォルトで使いやすいものが準備されているため、高速でPDCAを回す仕組みが整っています。

充実したサポート体制

HubSpotの運用を実際に行っていて感じるのは、HubSpot社による充実したサポート体制です。

マーケティングツールは多機能であるため、どの製品に関しても習熟するまでは一定のサポートを受けながら進めていくことが有効です。その観点で、HubSpotはメーカーとしてのサポートを以下のようなチャネルで整えています。

  • 日本語カスタマーサポート
  • コミュニティー
  • ナレッジベース
  • アカデミー
  • 開発者向けドキュメント
  • 公式ブログ
  • Solutions Partner

特に「日本語カスタマーサポート」については、通常1営業日以内に返答があり、平日の日勤帯であればチャット形式ですぐに回答いただけることも多く、お客様からご好評いただけることが多いです。

そういったサポートが製品価格に含まれているのは、HubSpotの魅力の一つです。

スモールスタートが可能な価格体系

マーケティングツールを導入する際に最も重要なポイントは、費用対効果です。高額なツールであっても費用対効果が高いのであれば導入を検討すべきですし、逆に安価なツールであっても、費用対効果が小さければ他の手段も検討すべきです。

HubSpotのライセンスは機能ごとに細かく料金体系が分かれており、無料や月額数千円程度の小さな単位から開始することが可能です。

他方で大規模なシステムにも対応できるスケーラビリティ(拡張性)を有しているため、効果を検証しながら機能を増強していくことが可能です。

こういった柔軟な価格体系を持っていることが、中小企業から大企業まで幅広く活用されている大きな理由なのだと思います。

まとめ

HubSpotが、優れた機能性や価格優位性、サポート体制などを持っているがゆえに世界中の企業から支持されているということをご説明しました。

HubSpotの魅力や特徴は、本記事に記載したもの以外にも沢山あります。詳細についてもっと知りたいというご要望がございましたら、HubSpotのSolution PartherであるSCデジタルメディアまでぜひお問い合わせ下さい。

この記事の執筆者

SCデジタル株式会社
データマーケティングビジネスユニット

若林 良

総合商社にて一貫してデジタル・メディア領域のビジネスディベロップメントに従事。現在はマーケティングコンサルタントとして戦略立案からシステム実装、運用支援まで幅広くご支援しています。

保有資格
中小企業診断士
HubSpot認定資格
Salesforce Marketing Cloud コンサルタント
Salesforce Marketing Cloud アドミニストレーター

関連するサービス

記事一覧に戻る

SEMINAR / EVENT 関連するセミナー / イベント

一覧を見る

WHITE PAPER 関連するお役立ち資料

一覧を見る

CONTACT お問い合わせ・ご相談

当社への取材・採用・協業などに関するご相談、
ご質問はこちらからお問い合わせください。